並木良和ワークショップ APIROS -School for Ascension- 11月18日(日)

「動乱の年2年目である2019年に向けての準備〜「11・11・11のゲートウェイ」を使って何段階もの次元を通り抜け、新たな自分に出会う〜」

APIROS -School for Ascension- 11月18日(日) ワークショップ

皆さん こんにちは、並木良和です☆
今回のアピロスは、動乱の時期2年目にあたる、2019年に向けての準備を行っていきたいと思います。
来年は更に動乱の流れが加速し、世の中的にも大きく動いていく年になります。 この流れがネガティブ・ポジティブどちらに向かうかという大切な鍵を握っているのが、僕たちの意識です。
宇宙は待ったなしで動いていて、来年・再来年と僕たちの意識の覚醒を促すべく、更にパワフルなエネルギーを地球に送り込もうとしています。
そこで今回はまず、僕たちの住まう「天の河銀河」の宇宙での位置付けと、何故いま、目を醒ましていくことが急務であるのかを、この宇宙全体で起きた「ある大きな出来事」をもとにお話していきたいと思います。
この流れを受け、地球には14万4千人の「志願者」たちが降り立ったのです。 以前からお話している「周波数ホルダー」という目醒めの電波塔になり得る可能性を持つ人々です。
これらの人達が目を醒ます方向に向かえば、この地球は本来の可能性に開かれ、今まで体験したことのない世界へとシフトする流れに乗ることが出来るのです。
宇宙には高次の存在たちによって構成された、沢山の評議会が存在しています。 シリウス高等評議会やプレアデス評議会などがそれです。
お話していることはSFでも何でもなく、事実存在し、僕たちの意識進化に密接に関わっているのです。 僕たちは、宇宙には確実に存在する真実を、あまりにも知らなさすぎると言えるでしょう。
さてそれはそれとして、今回のアピロスは、11月18日に行われますが、この月のエネルギーは非常に重要な意味を持っています。
この宇宙・世界のエネルギーは数字で表されると言われたりしますが「数秘」といって、数字で人や世の中の資質や流れを読むことが行われたりしますね!
今年は2018年ですが、2+0+1+8=11の年になります。更に当然ですが、月の中に11日を含み、11・11・11と、3つ11が並ぶパワフルな月となり、今月はひと月を通して、この「11」のエネルギーが取り巻き、特に霊的成長や新しいステージへの移行において素晴らしいタイミングとなっています。
「11」という数字はマスターナンバーと呼ばれ、目醒めを表し、今いる場所から次の場所への移行を促すエネルギーを持っています。 言い換えれば、人生のステージを次のステージに引き上げるエネルギーを持っていることを意味しています。
例えば、ドアをイメージしてみてください。 一般的にドアは扉を挟むように2本の柱が立っています。 つまり、あなたがドアを通り抜けるとき「11」を通り抜けるのです。 こうして僕たちは実は、常に新しいステージへと移行し続けているわけです。
このパワフルな「11・11・11」のエネルギーが取り巻く11月に、新たな次元へと移行するワークを高次の存在たちのサポートを受けながら行っていきたいと思っています。
今回のワークでは、この「11」のアセンション・ポータル(門・ゲート)を使って、幾つも次元を抜けていくことになります。
まずは、根深く残る「魚座の時代のコントロール」を抜けます。 DNAレベルに刻印されている支配のエネルギーは、本当に深いレベルに根付いていて、これにつきましても当日お話しますが、どんどん光のエネルギーが強まっている中、その力が弱まっているため、抜けやすくなっているのです。
この影響力から抜け出さない限り、僕たちは覚醒しアセンションしていくことはありません。 何故なら力のなさを信じさせる、自分は取るに足らないという思い込みに拍車をかけるものであるため、本当の力など取り戻せるわけがないのです。

 

 

その次に、光が強まっているからこそ、僕たちの中の「闇・シャドー」の部分が浮き彫りになり、自分でもどうして良いのか分からなくなっている人達が多く出てきていますが、その状態からも抜けていくことになります。
これから僕たちは、光と闇という二元性の中の光に戻るのではなく「光そのもの」の光へと戻っていくのです。 この違いが分かりますか?
光と闇の光は、所詮は分離のエネルギーに根差すものであり、これではアセンションすることは叶いません。 僕たちは、本当の真実の光、元々の本来の光に戻ることがアセンションなのです。
今回、沢山の高次の存在たちのバックアップを受けて、二元性の扉を抜け統合のエネルギーと一致していくワークを行っていきます。 つまり僕たちは統合から分離の扉を抜けて眠ったので、反対に分離から統合への扉を抜けていくのです。 あとは、ひたすら統合の道を進んでいくだけです。 その先には本当のあなたとの出会いが待っています。
さらに、このパワフルな「11・11・11」の覚醒とアセンションへのゲートウェイのエネルギーを使って、今繋がることが出来る最高レベルのパラレルの自分と繋がり、そのエネルギーを今の自分に持って帰ってきます。 それにより、あなたの波動は急速に上がり、覚醒・アセンションのプロセスが加速することになるのです。
また、この時期に動くエネルギーを最大限自分に統合し、ぶれない自分と今世の可能性を最大限に発揮するための自分へと一致できるよう、「11・11・11」のエネルギーそのものを、僕たちのエネルギー場に統合して行きたいと思います。
この時期、僕たちに求められているのは、そして僕たちの魂が僕たちに望んでいるのは、目を醒ましていくことです。 今世、これ以上に重要なことはないくらいに重要なことなのです。
何故なら、僕たちはこのときのために、何世紀も輪廻転生を繰り返しながら準備してきたのですから。
そして、その大望を達成していく喜びは何にも代えがたいものであることを知ってください。 本当の自由や豊かさ、そして幸せを手にするのに、外は関係ないのです。 それは既にあなたの中にあって気づかれることを待っています。
そして、あなたはそれに気づきさえすれば、簡単に外界に反映させることも出来るのです。
さあ、もう今までの眠りの努力や苦労の世界から、本来の簡単さスムーズさの世界への扉を抜けて行きませんか☆

 


「動乱の年2年目である2019年に向けての準備〜「11・11・11のゲートウェイ」を使って何段階もの次元を通り抜け、新たな自分に出会う〜」

APIROS -School for Ascension- 11月18日(日) ワークショップ

●日時
2018年11月18日(日)
10時開始〜17時30分予定(受付 9:40〜)※内容と進行により、17時30分を過ぎる場合があります。予めご了承ください。途中退出は自由です。

●場所(いつもと会場が違います。ご注意ください)
「アットビジネスセンター東京駅八重洲通り」
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル 5・6階
https://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/yaesudori.html
(JR東京駅(八重洲口)より徒歩約10分)

●料金:19,000円(税込)
※会場費の関係上、上記の料金とさせていただきます。ご了承ください。
※当日会場受付にて現金でお支払いください。お釣りのないようにお願いいたします。領収書の必要な方は会場でお申し出ください。
※昼食は近隣の飲食店をご利用ください。 会場内では召し上がれませんのでご注意ください。
※会場への入場は早くいらっしゃる場合におきましても、受付開始の最大1時間前までを目安にお越し頂けます様にお願いいたします。

●応募方法

今回の募集は終了いたしました。沢山のご参加希望をいただき誠にありがとうございました。